借地権とは何か

不動産には多くの権利というものが存在しています。
普通の物産であれば所有権を持っている人間にほとんどの権利が付与されることになりますが、不動産に関してはそうではありません。
所有権を持っているだけですべての権利を利用できるというわけではないためです。
例えばその中の一つに地上権というものがあります。
地上権というのは、所有している不動産の地上、つまり上空についての権利を示しているものです。
土地に関する所有権などを売却せずに、地上権だけを単独で取引することも可能です。
橋梁などを建てる際に利用されています。


この他にも、漁業権や採掘権といったような、資源を採取することを目的とした権利というのも土地に付与されているケースがあります。
一般の人の利用する不動産のこれらの権利が別の人に付与されていることはほとんどありませんが、このような例外が多く存在しているということです。


そんな不動産に関わる権利の一つであるのが、借地権です。
借地権というのは借地借家法によって定められている権利の一つで、土地貸借権のことを指しているものです。
通常、土地を購入した際には同時にこの借地権も本人に付与されることになります。
この権利を有していなければ、当該の土地に建物を建てて所有することが出来ません。


では、この借地権も地上権や漁業権のような別権利と同じように単独で取引することが出来るのでしょうか?このサイトでは、借地権売却について紹介します。


≪特選サイト≫
借地権を売却する際に相談に乗ってくれる専門のサイトです => 借地権 売却